プロテインの種類
プロテインはタンパク質を主成分にしたサプリメントだと言う話をしました。しかし、一口にタンパク質といっても、何を原料にしているかによって、プロテインの特徴は変っています。中には様々な種類のプロテインを混ぜ合せることによって、特別な名称を付けてみたり、原料の処理の仕方によっても、タイプの異なるプロテインが出来ます。ここでは我々が、日頃手に取ることの多そうなメジャーな種類と、その特徴などについて見ていきます。

乳清(=ホエイ) - goo ヘルスケア


現在、市場の中心は、乳清によるホエイプロテインです。ホエイプロテインは、持久系アミノ酸BCAAを多量に含んでいます。長時間運動などをすると血中のBCAAが低下し、かえってコンディションを崩してしまう人がいます。そんな人におすすめなのが、です。血中内での、消化吸収が早く、エネルギー源となるのが他のプロテインに比べて非常に早いのが特徴です。ただし、その分、効果の持続時間が短いのが、欠点と言えば欠点かも知れません。それでもこまめに補給することで、非常に良いパフォーマンスを実現してくれます。



次に、ガゼインプロテインです。ガゼインプロテインも、ホエイプロテインと同様、牛乳を原材料としますが、製法が異なります。ホエイプロテインが、主流になるまでは、こちらが主に流通していましたが、ホエイプロテインのような即効性はありません。どちらかといえば、ゆっくりと穏やかに消化吸収されるので、運動直後やトレーニング中の摂取には向きません。満腹感を得やすいタイプが多いので、食間の空腹時や就寝前などに採るのがおすすめです。最近はガゼインプロテインとホエイプロテインとを配合して販売されている商品も多いので、そういうタイプのものを購入するのもよいかもしれません。

ホエイプロテイン100|ザバス|株式会社 明治


ソイプロテインは、言葉通り大豆を原料としたプロテインで、かなり安価な商品も多く出回っています。どちらかというと女性向けのプロテインで、大豆にイソフラボンが含まれていることから、筋肉の増加よりも肝臓の働きを良好にし、脂質分解などに効果があります。ダイエット中の女性にとっては強い味方と言えるでしょう!